安心・安全・スピーディー テクニカルライトのサービスには訳がある 電子納品

TOP > 安心・安全・スピーディー テクニカルライトのサービスには訳がある | 電子納品

電子納品とは

「電子納品」とは、道路、建物、橋などの公共事業に使用される紙ベースの図面や写真、書類などを受注者が決められた要領に沿って電子化しCADデータも含み、その成果品を発注者に納品することです。

近年、あらゆる業界において業務のIT化が進み、電子納品への対応が求められています。2004年度から全ての事業が対象とされ、自治体においても2010年度までに全ての工事が対象となる予定です。弊社ではその現状を踏まえ、お客様ごとのさまざまな環境に応じたソリューションをご提供しています。

また、電子納品に関するガイドラインは自治体によって異なり、さらに毎年のように更新されています。弊社ではその違いや更新に随時対応しているため、スピーディーな納品を行うことができます。
まずは一度お気軽にご相談ください。

テクニカルライトへのご依頼はこちらから!御社の困った!をサポート解決致します!! お電話はこちらから(受付時間:9:00~18:00)092-724-2050

PAGETOP

電子納品支援

官公庁や各都道府県、各市町村の定めたルールに従って、土地・地質調査資料、打ち合わせ記録、耐震計算書、施工計画書、設計図面、現場写真などの各種報告書を作成(※)し、発注者に納品する「電子納品」。弊社では、受注して発注者に納品するまでの、複雑で面倒な電子化する作業をお客様に変わって作業いたします。

以下では弊社の電子納品代行サービスのポイントをご紹介します。

  • 電子納品の最初の段階で、協議事項取り決めの立会いと各検査における立会いなどを行います。これにより、取り決めに関しての詳細を把握できるため、無駄な打ち合わせなど省き電子納品をスムーズに行うことができます。
  • 工期が長い場合などには書類のやりとりをセキュリティがしっかりとかかっている社内情報共有サーバで運用します。管理業務の効率化が見込めます。
  • 納品対象書類の作成・管理に関わる全ての職員に、電子納品のスキル習得を義務付けています。
  • 管理データの混乱を避けるために、お客様1社に対して必ず専属の担当者を配置しています。
  • 納品予定の成果品は、報告前に使用文字などに関するさまざまなチェックを行います。

テクニカルライトへのご依頼はこちらから!御社の困った!をサポート解決致します!! お電話はこちらから(受付時間:9:00~18:00)092-724-2050

PAGETOP